CLOSE

北の達人誕生物語

Birth Story

第5章

誰にも真似できないものを作ろう!

再起をかけて起業したネット通販事業。
しかし、試行錯誤を重ねてコツコツと積み上げてきたノウハウを駆使して作ったサイトをあっという間に真似され、とんびに油揚げをさらわれてしまうということを2度も続けて経験してしまいました。

これは「このまま同じことを続けても成功できないよ。」といわれているようなものです。

しかし、私は思いました。
「待てよ。すぐに真似されるということは、すぐに真似できる程度の商品やサービスしか、我々が作れていないからではないか。」

要は我々はちょっと目先を利かして、他社よりも早く商品やサービスを作ったから売れたに過ぎない。
他社に比べて商品やサービスが良いわけではないから類似業者が現れると、お客様がそちらに流れていくのです。

「本物の商品を作らなきゃダメだ。
誰にも真似できないような、本物の商品やサービスを開発して提供しよう。
そして、絶対にお客様が当社から離れたくなくなるようにしよう。」

そしてその頃、当社の健康食品事業で「オリゴ糖」の商品に人気が出てきていました。

しかし、それにもその人気にあやかろうとした類似品が徐々に出始めていました。
「よし、このオリゴ糖の商品を誰にも真似できないレベルに改良しよう!」
・・・ということで、当時扱っていたオリゴ糖商品の品質改良に取り組んだのです。

オリゴ糖は、腸内の善玉菌であるビフィズス菌の栄養源となります。
それにより、年とともに減少するビフィズス菌が活性化し、善玉菌優位の環境に整え、身体の中から健康維持をサポートします。

従来のオリゴ糖商品よりも、さらに実感値を上げるため、大学の教授や原料メーカーの研究者の方々に「究極のオリゴ糖商品を作ろう」という理念を基にご協力いただき、オリゴ糖とビフィズス菌の種類ごとの相性に着目して「EOS(イオス)理論」という製法を導き出しました。

そしてこの製法で作ったオリゴ糖商品を、
『カイテキオリゴ』という商品名にして発売したところ、

「こんなに実感値のある健康食品は初めてだ。」
「薬と違って自然な感じがとても良い。」
「20年来の悩みがこれ1つでなくなった。」
「生活が一変した。本当にありがとう。」
という声が殺到し、大ヒットしたのです。

しかし、このまま有頂天になっていては以前の失敗の二の舞です。
「お客様は商品を買っているのではなく、効果を買っているのだ。
だから満足していただくためには商品を売りっぱなしではいけない。」・・・ということで、「買って終わりではなく、満足していただくまで徹底的にフォローする。」という姿勢で健康管理士を中心とした専門的なカスタマーサポート部隊を作り、ご購入いただいた後の健康相談等のアフターフォローのための、万全なサポート体制を組みました。

それにより、さらに多くのお客様にご満足いただき
何度も何度もリピート注文をしていただけるようになり、安定的に成長できるようになってきたのです。

例のごとく、その人気にあやかろうとしたパッケージがそっくりの類似品がその後も出てきましたが、やはり製法が違いますので、中身には雲泥の差がありますし、アフターフォロー体制にも雲泥の差がありますので、今度こそはビクともしません。

そしてクチコミがクチコミを呼んで、ついに『カイテキオリゴ』は
「日本一売れているオリゴ糖」になりました。

「よし、ついに私たちは誰にも真似できない商品、サービスを創り、本当にお客様に喜んでいただけるようになった・・・。」と確信しました。

イメージ画像1
TOPへ戻る