北の達人コーポレーションHOME当社について > 代表者挨拶
代表者挨拶

当社は北海道に本社がありますが、創業者である私自身は関西に生まれ、育ちました。

起業をするにあたって日本中で最もチャンスがあるところを徹底検討した結果、「北海道に最もチャンスがある」と判断し、縁もゆかりもない北海道に移住しました。

チャンスを見出したポイントは
「北海道は日本で一番資源が豊かであるが、それを活かしきれていない」ということでした。


北海道には、「かに」「うに」「いくら」「メロン」「とうもろこし」「ラーメン」「ジンギスカン」「じゃがいも」「ほたて」「たらこ」「アスパラ」「チーズ」「牛乳」「ハム」「生チョコ」「そば」「ラベンダー」「ひまわり」等、他の46都府県全部足してもかなわないほどの特産品があり、いわゆる「素材」があふれています。

また自然や景観も美しく、「アジアのスイス」と言われるほど海外からも人気です。
そして家賃も安く、人材も気質が「まじめ」です。


しかし、残念ながらそういった資源をうまくは活かし切れておらず、北海道経済は低迷したままでした。

そこで私たちは、やみくもに「北海道の良いイメージ」に頼るのではなく「マーケティング」の概念を持ち込み、
「お客様は何を望んでいるのか」
「お客様は本当に満足しているのか」

等を数値化し、北海道の豊かな資源を活用して、徹底した顧客満足を追及するビジネスモデルを作り上げました。

それによって日本中はもとより、アジアを含む多くのお客様から御支持をいただき、東証一部上場企業にまで成長させることができました。

北海道は日本列島で見れば北端の島ですが、アジア大陸で見ると中緯度位置にあります。
「アジアの真ん中にある、日本を代表する企業」となるべく、これからも「おもしろいをカタチにする達人集団」として日本、アジア、世界の皆様にメッセージを届けていきたいと思っています。

(株)北の達人コーポレーション
代表取締役社長