社員紹介INTERVIEW



WEBマーケティング部

シニアプロダクト
マネージャー

Wataru K.



現在担当している
お仕事について教えてください


社歴は不問。とにかく「任せていく」環境。


私は現在、WEBマーケティング部の直接販売課というチームで、担当商品の新規顧客獲得の責任者を務めています。

具体的には、シニアプロダクトマネージャー(SPM)という役割を担っており、商品のプロモーションのかじ取りと、他のプロダクトマネージャー(PM)のマネジメント管理が仕事です。
商品を世に広めていくために、日々の顧客獲得傾向の分析や、集客戦略の設計、全体のプランニングを行っています。
また、ディレクターも兼任しており、コンセプトやコンテンツの企画、それをアウトプットしたLPのディレクションも行います。

私は中途で入社していますが、入社3か月目のことをよく覚えています。
当時、研修を終えてプロダクトマネージャーとして実務をはじめた頃に、当社の看板商品の1つ『ヒアロディープパッチ』の担当になったことです。この商品は、マイクロニードル化粧品市場売上シェア世界一のブランドとして、ギネス世界記録に認定された商品。
売上規模も大きく、その分プロダクトマネージャーの責任は多大です。
入社3ヵ月目にして、当社の「任せていく土壌」を身をもって体験しました。

『ヒアロディープパッチ』での成果が認められ、半年後には、シニアプロダクトマネージャーに昇格しました。
プロダクトマネージャーの管理や、より俯瞰したデータ分析などが業務に加わり、責任範囲を広げています。

こんな感じで、中途入社だろうが結果を残せば社歴関係なく昇格し、裁量権を与えられる環境は非常にモチベーションに繋がります。
現場で判断し、施策実行までワンストップで行うので、もちろん責任は重大です。
私の場合は、その責任こそが原動力でもあります。社長の木下から直接フィードバックやアドバイスをもらう機会もあり、非常にやりがいを感じています。



北の達人コーポレーションを
選んだ理由をおしえてください


日本一の効率経営を体感したい。


前職はマザーズ上場ベンチャー企業にて、アプリマーケティングチームのリーダーを務めていました。
クライアント先に常駐して、コンサルティング業務に従事していく中で、数多くの会社の経営手法を目の当たりにしてきました。
そんな中、たった70人で東証一部上場を果たし、驚くほどの営業利益率やROEをたたき出す当社を知り、
どのような経営をしているのか非常に興味が湧いて「現場の社員として体感したい!」と、転職を考えるようになりました。

前職では責任重大なポジションを担っていたため、転職するという決断に不安がありましたが、
成果に対して正当に評価する、社歴に関係なく昇格、昇給をしていけるという環境が整っているということを知り
北の達人コーポレーションへの転職を決意しました。
入社後もギャップがなく働けているので、確実にキャリアアップに繋がっていますね。


北の達人コーポレーションで
働いていて嬉しかった
エピソードは?


圧倒的な裁量権。


中途入社という立場でしたが、私が企画考案した施策で成果を出したことですね。
上述した通り、入社半年で、『ヒアロディープパッチ』のプロダクトマネージャーを任されたときに、
新規顧客獲得件数が1日平均で2倍になり、過去最高新規獲得件数を更新しました。
もちろん個人としても嬉しかったのですが、チームとしてもチームMVP賞を取ったことは非常に達成感がありましたね。
そして、その結果、シニア職に昇格しました!まさか半年でシニア職まで昇格できるとは信じられませんでした。
その他にもあるのですが、共通点は「成果を正当に評価してもらえた」ことですね!



入社を希望する方へメッセージ



一緒にグローバルブランドを創りましょう!


当社は一人一人に与えられる裁量権が大きく、やりがいは非常に大きいです。
人材の適性に合わせて、パフォーマンスが最大化するように、職種や役割を決めていきますが、
仮にその人のあるスキルが飛びぬけていて、会社の成果に直結する場合があれば、
今までにないその人だけのポジションを新しく作る柔軟性もあります。

実力があれば、その分得られるものも大きいです。
まだまだ発展途上の会社ではありますが、それはつまり伸びしろが大きいということです。

当社の価値観に共感してくれる方は、ぜひ一緒にグローバルブランドを創っていきましょう!



社員紹介一覧

募集職種ENTRY

北の達人コーポレーションで「おもしろい」をカタチにしてみませんか?

D2C起業家募集ENTRY

『東証一部上場企業である(株)北の達人コーポレーションの
「子会社社長」もしくは「新規事業責任者」としてD2C事業を立ち上げたい人を募集します』