社員紹介INTERVIEW



管理部

法務
Daisuke F.



現在担当している
お仕事について教えてください


経営活動の⼟台、法務全般を担う。


法務の業務を担当しています。

当社は斬新で画期的な商品を開発していますので、業界でも特に注目を浴びやすい立場にあります。そのため、商品にまつわる商標権、特許権、意匠権等知的財産権を守ることは非常に重要な業務の1つです。また、常に競合品・模倣品の調査を行い、当社の権利が侵害されているような場合は訴訟の対応も行います。

入社後は、新しいことをどんどん学べる充実した日々でした。今は契約書チェック・作成、社内規程整備、株主総会・取締役会対応、広告法務、知財法務等、担当範囲は多岐にわたります。

入社半年後には、このようにいわゆる法務の業務全般を担うこととなり、業務の責任範囲が一気に広がりました。「半年でここまで任せてもらえるのか!」と感じたのを覚えています。

当社のような健康食品・化粧品EC事業においては、会社法、金商法等企業法はもちろんのこと、特商法、薬機法、景表法等様々な法令が関わってきます。そのため、日々の法規制動向のチェックも欠かさず、常にアンテナを張っています。

会社の成長とともに学ぶべき内容も増え、その度に担当業務の広がりと自己成長を感じています。これこそが、私の仕事のやりがいです。



北の達人コーポレーションを
選んだ理由をおしえてください


ビジネスの現場に密着した仕事がしたい。


以前は、法律事務所の弁護士として働いておりましたが、外部の顧問弁護士としてではなく、より”ビジネスの現場に密着した仕事”ができる企業内弁護士として働きたいと思うようになりました。そんな時、当社と出会いました。

理想としていた“ビジネスの現場に密着した仕事”であるだけでなく、上場企業の安定性とベンチャーのチャレンジングなスピリットを併せ持ち、様々な業務に関わることができそうだと感じ入社を決めました。

私の場合、社長・副社長とのウィークリーのミーティングが必ずあり、その他の取締役とも日々コミュニケーションを取ることができるなど、役員との距離が近いことが魅力です。このような環境なので、法的観点のみならず、経営的観点からもディスカッションをすることができ、「ビジネスに密着している!」と常に感じることができます。

また、部署の垣根を超えた交流も盛んな社風であることから、気軽に他部署からビジネスの現場の声をきくこともできます。企業内弁護士を選んで正解だったと感じています!


北の達人コーポレーションで
働いていて嬉しかった
エピソードは?


新商品のリリース、これが喜びの瞬間。


自分が発売までに関わった商品が無事に発売できたときは、とても嬉しく思います。
商品の開発担当ではないのになぜ?と思うかもしれませんが、新商品の発売は法務と密接な関りがあるんです。

例えば、他社の商標権や特許権を侵害していないか、取引先との間でどのような契約を締結すべきか、商品の訴求に際して薬機法上の問題はないか、などの今後予測される様々な法的問題の分析を行い、対応策を立案・実施していく必要があるからです。

そのため、商品の開発担当との間で毎週1回ミーティングを行い、新商品企画に関する進捗状況を確認して常に備えを怠りません。
個人的には、当社として初の意匠登録ができた時には特に嬉しかったのを覚えています。

当社の開発ルールは「びっくりするほど良い商品ができた時にしか発売しないこと」。
これを法的側面からも体現し、商品が世に出ることで「たくさんのお客様が笑顔になる!!」と思うとわくわくします!



入社を希望する方へメッセージ



会社とともに自己成長を!


当社では、社歴や年齢にかかわらず、成果を出せば出すほど大きな裁量が与えられるチャンスがあります。
そのため、主体的に仕事に取り組みたいという方にはうってつけの環境です。

幅広い知識と経験を積み、会社の成長とともに自己成長していきましょう!

これをご覧になっている皆様と一緒に働けることを楽しみにしています!



管理部
社員紹介一覧

募集職種ENTRY

北の達人コーポレーションで「おもしろい」をカタチにしてみませんか?

D2C起業家募集ENTRY

『東証一部上場企業である(株)北の達人コーポレーションの
「子会社社長」もしくは「新規事業責任者」としてD2C事業を立ち上げたい人を募集します』