社員紹介INTERVIEW

セールスマーケティング部

メディアプランナー Koya T.

現在担当している
お仕事について教えてください

ターゲットを確実に狙い撃つ。

当社の広告運用は国内だけでなく、世界水準で見ても圧倒的で、そのレベルは今も上がり続けています。
なぜ当社のWEBプロモーションは成果が出るのか。それは「適切な人に、適切な広告を、適切なタイミングで」届ける力に非常に長けているからです。

私は、そんな当社のプロモーションを担う集客企画課で、適切なターゲットに確実にアプローチするためのターゲティング設計を企画しています。

いくら商品の良さが伝わる良い広告を作っても、購入の見込みが低いユーザーへ広告を表示させてしまうと、広告のパフォーマンスが落ち、無駄な広告費を使用してしまいます。

では、広告を見せたい人=当社の商品のターゲットに確実に広告を届けるにはどうすればよいか?
そこで重要になるのがターゲティング設計です。

各商品のターゲットになるユーザーは普段の生活でどんな行動をとっているか、そんな人たちは、どんなメディアをよく見ているのか、何のSNSを利用しているのか、そして、その人に広告を届けるには、各メディアのどんな機能が活用できるのか。
こういった内容を深堀りして、組み合わせ、企画を組み立てて行きます。

このように徹底的なターゲティング設計により、月間数億円に及ぶ広告費を無駄にすること無く、獲得効率の最大化に繋げています。

結果として、FacebookやTwitterにて成功事例として取り上げられたり、日常からGoogle、Yahoo!といった国内最大手の企業とのホットラインを持っていたりと、最新の情報を常にキャッチアップしながら、次の成果を生み出していける環境があります。

その他、個人的には、新メディアの発掘、販売企画の考案・契約までを行ったりと活躍の場も広がってきました。

今後、WEB上のあらゆるメディアをコントロールして当社を日本を代表する企業へと発展させるのが私の夢です。

北の達人コーポレーションを
選んだ理由をおしえてください

真摯に仕事に向き合う、社員の姿。

北の達人を選んだ理由は、
圧倒的な成長環境がここにはある!と確信できたからです。

「東証一部上場当時はった70人だったなんて・・・どんな凄い人たちが集まっているんだろう・・・?」と純粋に興味が湧きました。

選考を通して、
決していつも派手ではないが、革新的で、斬新で、時に泥臭く、真摯に仕事に向き合う社員の姿を目の当たりにし、「こんな凄い人達に囲まれて仕事が出来れば、とんでもなく濃い経験ができ、自分も成長できるに違いない」と思ったんです。
それが、入社を決めた一番の理由でした。

当社は、今もまだ急成長を遂げている真っ只中です。
そしてこの勢いはまだまだ止まりません。

他の環境では味わえない経験に溢れていると思います。

北の達人コーポレーションで
働いていて嬉しかった
エピソードは?

新チームの立ち上げ。

年齢や社歴に関係なく、裁量を持って仕事に臨めるのが当社の特徴のひとつ。

私は入社1年目で同期2人と新チームに任命され、重要なプロジェクトを担当しました。
実はターゲティング設計の精度をより高いものにする、という現在の仕事がそれです。

とにかく、全てに必死で臨みました。
ノウハウの蓄積はもちろんですが、業務フローやチームビルディングに至るまで、ゼロから作り上げる大変さ、そして喜びがありました。

もちろん初めから上手くはいきませんでしたが、少しずつ成果を出せるようになり、今はなくてはならない1チームに!
その結果、社内表彰制度で「チームMVP賞」を受賞しました。

この上ない達成感と、何より「働くことの楽しさ」を本当に実感した、忘れられない経験となりました。

入社を希望する方へメッセージ

本当に成長したいなら。

私が個人的に感じている当社の魅力は、社長との距離の近さです。

入社して最初のミッションである新入社員研修では、社長が上司。
つまり、社会人生活最初の上司が社長なのです。
さらにいうと、私の場合は、新チーム立ち上げ時は社長と毎日打ち合わせをしながらプロジェクトを進めていました。

プレッシャーに感じる人もいるかもしれませんね。でもよく考えてみてください。
創業して一代で東証一部まで上場させた社長から直接学び、ともに働ける新卒は世の中に一体何人いるでしょう。

「成長」に重きを置いて就職活動している方にはこれほど最高な場所はないんじゃないでしょうか。

私も「成長したい!」という思いで北の達人に飛び込み、実際に自分の成長を実感しています。

成長を求めるあなた、
互いに刺激し合いながら切磋琢磨して、
一流のビジネスパーソンになりましょう。

社員紹介一覧

募集要項ENTRY

北の達人コーポレーションで「おもしろい」をカタチにしてみませんか?