社員紹介INTERVIEW

セールスマーケティング部

コンセプト
ディレクター
Hikari F.

現在担当している
お仕事について教えてください

商品の成長を左右するのは、全て自分の判断。

セールスマーケティング部集客課のクリエイティブディレクターとして業務をしています。

具体的には、どんな状況のユーザーに、どんな内容で商品の魅力を打ち出していくかというコンセプト設定、それに伴う販売ページのプロデュース、企画立案やメディア選定等を行い、実行します。社内外のリソースを管理しながら指揮をとる「監督」のような仕事です。

担当商品の成長を左右するのは、全て自分の判断。
非常に責任のある仕事ですが、売上や利益にも直結するためとてもやりがいがあります。

さらに、最近はこのディレクター業務をレクチャーする立場にもなり、プレイヤーとしてだけではなく、指導をする立場としても経験を積んでいます。

同じタイミングで社会人になった友人は、「自分の働きが、会社の業績にどう影響しているのかわからない。だから、売上が上がっても自分事に感じられない。」という人が多いですが、私は違います。
自分の仕事が会社の業績や株価にまで直結しているのを実感できるのも、当社の魅力の1つだと思います。

北の達人コーポレーションを
選んだ理由をおしえてください

「この会社を、私が成長させる。」という強い思い。

学生時代の就活の軸は「会社の名前に頼らずとも道を拓ける人になりたい」という思いでした。
なので、若いうちから責任範囲が広く、チャレンジできるベンチャー企業を志望していました。

ベンチャー企業といっても様々な企業がありますよね。
では、私はどうして北の達人コーポレーションを選んだのかと言うと、会社説明会や面接、新聞や雑誌への掲載記事から感じた「クールさ」でした。

「クールさ」というのは、決して「冷たい」と言うことではありません。
データ分析のもと地に足をつけた非常にロジカルな経営戦略や事業展開、スピード感だけで突き進んでいくのではなく、活気や勢い・情熱を持ち、時には泥臭く、真剣に仕事と向き合い成果を挙げている社員の方々の姿を見て、
「この会社なら今後すごい場面に立ち会えるかもしれない」と思い、入社を決めました。

私が入社した当時の社員数は全部で51人。
決して大きな組織ではなく、多少の不安もありましたが、それ以上に、「この会社を、私が成長させる。」という思いが勝ったのを今でも覚えています。

結果、自分の勤めている企業が上場する、という場面にも立ち会うことができました。

北の達人コーポレーションで
働いていて嬉しかった
エピソードは?

常に高いモチベーションを維持できる評価制度。

当社は社歴や入社順に関係なく個人個人の成長や成果をもとに評価される仕組みです。

私は、担当する商品の月商が1億円を突破した時に、MVP賞を受賞しました。
その他にも、会社にとって必要なことを自分で判断して挙げた成果で複数回のMVP賞を獲得しています。
やはりMVP賞は何度とっても嬉しいです。

MVP賞は、社員それぞれが当月に挙げた成果などをレポートするMVPシートによって決まるのですが、私は毎月1ヵ月頑張った自分への表彰状だと思って作っています。
自分の仕事の成果を振り返る機会や、それを評価してもらえる制度が充実しているから、常に高いモチベーションを維持できているのだと思います。

また、何より、商品をご使用になったお客様から毎日のように届く、「ありがとう」「買ってよかった」という感謝のメールやお手紙は何よりの喜び。

自分の仕事が、誰かの毎日を快適にしていると思うと嬉しいですし、このような事業に携われている事を誇りに思います。

入社を希望する方へメッセージ

「ここだ!」と思えた企業。

当社は本人の意思次第で、無限に成長の機会を用意してくれる会社です。

今の自分のスキルを活かすだけでなく、自分の成長や可能性を試してみたい方にとってこれ以上ない環境だと思います。

私はありがたいことに、「ここだ!」と思える企業に出会えました。
もし、これを読んでくださっているあなたが、「北の達人コーポレーションに入社したい!」と共感するきっかけになれば、とても嬉しく思います。

社員紹介一覧

募集要項ENTRY

北の達人コーポレーションで「おもしろい」をカタチにしてみませんか?